大人になって見返してしまう漫画と数多あるので選びきれない

小学校高学年頃にやっていたマンガ十二ナショナリズム記、当時は滑り出しの物悲しい印象で見分けるはことを辞めてしまった作だ。ただ、ずっと気になっていた作だったので大人間になって見返しましたが、これは昔見て置きたかった!ときつく思いました。アカデミーでのイジメ、人間時分関係、そういったドロドロした売り物特に中心人間公の心中仲間、だれにも見せたくないものが鮮明に描かれていて、自分にも当てはまり目線を反らしたくなることもありました。けど、何より中心人間公陽子の発達進度が手早く、これほどまでに人間は変われるのかと見て行くほどに惹かれて行く作だ。
まず一つの好きな状勢は、人間時分不信に陥った陽子が半獣のラク俊に出合い少しずつ変わっていくところで、「僕が相手を任せることと、相手が僕を裏切ることは別ヤバイ!」と自分の心中でも残る猿に言い放つ状勢だ。私の中でこういう言葉がものすごく響きました。
そして一番好きなのが、風の万里黎明の書で陽子が景王家になったが、分裂がナショナリズムを作っている現状、慶ナショナリズムにも不穏な移転が出ているなか、海お客で仙となり虐げられながら暮す鈴と先の芳ナショナリズム公主の祥瓊そして陽子のこういうインプレッション年がおんなじの母親3人間の発達を見て行くのが大好きです。様々な理由で慶ナショナリズムを目差す鈴と祥瓊、とくに祥瓊がラク俊と出合い一気に己の無知さをわかり、慶国の現状を知ったまま王家です陽子のことを考え働く形が大好きです。エンディングでの「人間って崩壊の試合をしてしまうわね。憂き目は幸せのことと同じくらい気持ちいいのかもしれない」という祥瓊の言葉もまた忘れられません。人間と人間とのくっつき、そして成長する肝要さ、こういうマンガを昔に理解して見れていれば、中教え子や高校の季節などもっと人間を想い上部だけの驚異ではないものが作れていたのだろうと思います。何度も何度も見返してしまうそして激しく魅了の受けたマンガだ。